奨学金・修学資金制度

文科省 高等教育の修学支援新制度

2020年4月1日より、授業料・入学金の免除または減額と、給付型奨学金に関する国の新しい制度が開始されました。
本校も、この新制度の対象機関として確認を受け、認定されました。

秋田県歯科衛生士修学資金

秋田県より、学生へ修学資金を貸与する制度があります。

修学資金月額 36,000

※この制度は歯科衛生士として所定の期間秋田県内で働くことで返還が免除されます。ただし、採用枠が限られているため、入学後に説明会を開催し希望者を募ることになります。
各学年1名

独立行政法人日本学生支援機構第一種(無利子)

※以下の金額の中から選択することができます。

自宅月額 20,000 / 30,000 / 40,000 / 最高月額 53,000

自宅外月額 20,000 / 30,000 / 40,000 / 50,000 / 最高月額 60,000

独立行政法人日本学生支援機構第二種(有利子)

※以下の金額の中から選択することができます。

貸与月額2万円から12万円までの間で1万円単位で額を選択できます。

独立行政法人日本学生支援機構給付奨学金

※以下の金額の中から選択することができます。

自宅月額 30,000

自宅外月額 40,000

※予約採用決定者は、入学後に高校で手続きを行った際の書類が必要になりますので大切に保管しておいてください。 ※第1種・第2種については、推薦基準に合致した適格者が貸与可能です。

本校は2020年4月からスタートした「高等教育の修学支援制度」の対象校となりました。

【対象】 住民税非課税世帯・準ずる世帯の学生

授業料・入学金の
免除 / 減額

給付型奨学金の
支給

高等教育の修学支援制度とは、経済的な理由で学び続けることをあきらめないよう、2020年4月から授業料・入学金の免除と給付型奨学金により、意欲のある学生のみなさんの「学び」を支える新しい修学支援制度になります。
世帯収入に応じた3段階の基準で支援額がきまります。

高等教育の修学支援制度とは、経済的な理由で学び続けることをあきらめないよう、2020年4月から授業料・入学金の免除と給付型奨学金により、意欲のある学生のみなさんの「学び」を支える新しい修学支援制度になります。 世帯収入に応じた3段階の基準で支援額がきまります。

【授業料・入学金減免における本校の一例】*日本学生支援機構資料一部抜粋

世帯収入の目安授業料等減免
入学金授業料(年額)
約270万円未満
(住民非課税世帯)
<第Ⅰ区分>
16万円(上限)40万円
~300万円<第Ⅱ区分>約11万円約26万円
~380万円<第Ⅲ区分>約5万円約13万円

【給付型奨学金の支給額一例】

私立専門学校自宅通学自宅外通学
第Ⅰ区分38,300円75,800円
第Ⅱ区分25,600円50,600円
第Ⅲ区分12,800円25,300円

詳しくは特設サイトでご覧ください。

独立行政法人
日本学生支援機構
「高等教育の修学支援制度」

Twitter LINEアイコン あきた
歯科衛生士情報